JGA税理士法人について

つくりたいのはお客様の未来
進化するマーケットイン

私たちは「財務・会計・税務のスペシャリスト集団」として、自らの事業領域に制限を設けることなく、クライアントのご要望に応じたサービスを提供することを徹底しています。クライアントニーズに対し常に当事者意識を持つことで、専門領域にとらわれない「最良の一手」を打つことが可能となります。
クライアントニーズは今、ものすごい速さで進化しています。私たちは覚悟を決めてクライアントと共に生きていく。クライアントの未来をつくることが私たちの仕事です。

More >

業務案内

サービス

「無知の不知」からの脱却
シンプルなプロダクトアウト

クライアントから時代の変遷とともにビジネスが複雑になっていると耳にします。ただし、私たちは時代の変遷とともにビジネスがシンプルになっていると感じます。このギャップを埋めることこそが私たちの取り組みに他なりません。
大企業が求める「財務・会計・税務」は究極に尖ったものになりますし、中小企業が求めるものは「財務・会計・税務」だけではありません。
クライアントごとにサプライチェーンや業務フローを俯瞰して具体的な業務を組成し、最良、かつ、シンプルな提案を行います。

More >

コラム

  • 2024年2月29日

アドビ事件(基本三法に準ずる方法と同等の方法)~判例分析~

皆様こんにちは、JGA税理士法人/税理士の片瀬です。今日は、コンピュータソフトウェア製品の販売等を行うアドビが日本で勝ち取った判例を紹介いたします。以前の判例分析(親子ローンの利息~判例分析~)の記事でアドビ事件と書いており、「何のこと?」と思われた方もいたかと思います。同じ時期に書いていており、リンクで相互に関連性を持たせるために名称入れていました。混乱した方はすみません。 かなり長くなりますの […]

  • 2024年2月21日

非居住者の銀行口座開設~日本銀行口座を開けない日本人(非居住者)が増加~

皆様こんにちは、JGA税理士法人/税理士の片瀬です。今回のコラムは、「非居住者の銀行口座開設~日本銀行口座を開けない日本人(非居住者)が増加~」です。日本では現在「非居住者の銀行口座開設(特にメガバンク)」がかなり厳しくみられ、新規口座開設がほとんどできない状況が続いています。たとえできたとしても、相当の時間がかかることは請け合いです。以前に書いたコラム(銀行口座の開設ができません~日本人なのに日 […]

  • 2024年2月2日

MS法人を活用したドクターの相続対策

いつも当コラムをお読みいただきありがとうございます。JGA税理士法人/税理士の片瀬と申します。 今回は、ドクターの相続についてMS法人の利用を具体的に見ていきましょう。   【ドクターの相続(外観)】 ①お子様がドクター(予定)の場合:医療法人が相続で有利 ②お子様がドクター以外の場合:MS法人が相続で有利   これが前提ですので、まずはこちらのイメージを持ってください。 こち […]

  • 2024年1月19日

クリニックの非課税事業者問題(消費税)

いつも当コラムをお読みいただきありがとうございます。JGA税理士法人/税理士の片瀬と申します。 2024年1月17日にMS法人セミナー「MS法人は本当に使えないのか~指摘されないMS法人業務~」を行いました。多数のご参加をいただきまして、誠にありがとうございます。改めて御礼を申し上げます。   さて、今日は相続のシミュレーションについて書こうと思いましたが、、、 特別編として、セミナーの演目として […]

  • 2023年12月27日

MS法人ビジネスにおける適正価格とは?

いつも当コラムをお読みいただきありがとうございます。JGA税理士法人/税理士の片瀬と申します。   前回のコラム(MS法人設立スキーム~売上はいくら計上するべきなのか~)で書きましたが、MS法人の売上は最低でも1,250万円程度は欲しいところ・・・   MS法人ビジネスで何が辛いかというと最初の1,250万円の売上を作ることです。以下の代表的なMS法人業務で1,250万円以上の […]

  • 2023年12月26日

親子ローン利息取引の判例分析~移転価格税制~

皆様こんにちは、JGA税理士法人/税理士の片瀬です。今日は、最近(2022年OECD移転価格ガイドラインで)厳しくなった「親子ローンにおける利息取引」に関しての判例分析を行います。   かなり長くなりますので、年末年始(2023年末)のお時間があるときにお読みいただければ幸いです。「親子ローンにおける利息取引」の考え方を主に抽出した分析ですので、楽しんで頂ければ!   【呼称】 […]

  • 2023年12月25日

取引単位営業利益法(TNMM)の要件及び意義~移転価格税制~

皆様こんにちは、JGA税理士法人/税理士の片瀬です。引き続き、移転価格税制について詳細を執筆いたします。   少し難しい内容となりますが、移転価格文書の作成をご検討中の皆様、既に移転価格文書の作成を行った皆様に価値のある内容をお届けいたしますので、ご確認頂ければ幸いです。   今回は、移転価格税制の独立企業間価格算定方法の1つである「取引単位営業利益法(TNMM)」の意義と要件 […]

  • 2023年12月25日

取引単位営業利益法(TNMM)の長所及び短所~移転価格税制~

皆様こんにちは、JGA税理士法人/税理士の片瀬です。引き続き、移転価格税制について詳細を執筆いたします。   少し難しい内容となりますが、移転価格文書の作成をご検討中の皆様、既に移転価格文書の作成を行った皆様に価値のある内容をお届けいたしますので、ご確認頂ければ幸いです。   今回は、移転価格税制の独立企業間価格算定方法の1つである「TNMMの長所及び短所」についてです。次回の […]

  • 2023年12月25日

ベスト・メソッド・ルール~移転価格税制~

皆様こんにちは、JGA税理士法人/税理士の片瀬です。   今回は、移転価格税制における「ベスト・メソッド・ルール」について少し考察します。   【基本三法優先からベスト・メソッド・ルールへの変更の背景】 <独立企業間価格の算定方法の優先順位の見直し> 我が国の移転価格税制においては、これまで、移転価格税制に関する国際的な指針であるOECD移転価格ガイドラインにおいて独立企業間価 […]

  • 2023年12月25日

独立企業間価格の算定方法まとめ【一覧表】

皆様こんにちは、JGA税理士法人/税理士の片瀬です。今回は独立企業間価格の算定方法のまとめです。 下記に一覧表としましたので、内容をご確認ください。   【独立企業間価格の算定方法】 棚卸取引 棚卸取引以外の取引 <基本三法> ①独立価格比準法 (措置法66条4②㈠イ) ②再販売価格基準法 (措置法66条4②㈠ロ) ③原価基準法 (措置法66条4②㈠ハ) <基本三法と同等の方法> ①独立 […]

List >