コラム

 
       
CATEGORY

コラム

  • 2023年10月12日

TNMM【用語辞書】

TNMM(Transactional Net Margin Method/ティーエヌエムエム/取引単位営業利益法)は、移転価格の評価に用いられる一つの方法です。TNMMは、関連会社間の取引における営業利益率を基準にして適正な移転価格を評価する手法です。   TNMMでは、関連会社間の取引によって生じる営業利益率を評価し、外部の非関連企業の営業利益率と比較します。具体的には以下の手順でTN […]

  • 2023年10月12日

RP法【用語辞書】

移転価格のRP法(Resale Price method/再販売価格基準法)は、関連会社間の取引価格を決定するための移転価格手法の一つです。RP法は、特に販売業者が製品を購入して転売する場合に適用されることが多い手法です。   RP法では、販売業者が関連会社から製品を購入する価格を基準として、その製品を非関連の第三者に転売する場合の利益率を考慮して移転価格を算定します。具体的には、以下の […]

  • 2023年10月12日

CP法【用語辞書】

CP法(Cost Plus法/原価基準法)は、移転価格の算定方法の一つであり、特に商品の販売(粗利を基準に比較する場合)においてよく使用される方法です。CP法では、関連会社間の取引価格を決定する際に、製品の製造やサービスの提供にかかったコストに一定の利益率を加えた価格を基準としています。   具体的には、製品を製造するためのコストに、一定の利益率を加えて売却価格を決定します。この利益率は […]

  • 2023年10月12日

CUP法【用語辞書】

CUP法(Comparable Uncontrolled Price method/カップほう/独立価格比準法)は、移転価格の算定方法の一つであり、特に商品の販売においてよく使用される方法です。CUP法では、関連会社間の取引価格を決定する際に、他の独立した企業間で同様の商品やサービスが取引された価格(Uncontrolled Price)を参考にします。   具体的には、関連会社間の取引 […]

  • 2023年10月12日

独立企業原則【用語辞書】

独立企業原則(Arm’s Length Principle)は、移転価格において重要な概念であり、関連会社間の取引において価格や条件を設定する際の原則です。この原則は、関連会社間の取引において公正な価格を確保し、税制上の不正な利益移転を防止することを目的としています。   関連会社間の取引では、通常の市場価格とは異なる価格や条件が設定される可能性があります。親会社が定める任意 […]

  • 2023年10月11日

【医療法人化のシミュレーション 第5回】 ~なぜ医療法人でなければならないのか~

皆様こんにちは。JGA税理士法人/税理士の片瀬と申します。   医療法人化シミュレーションどうでしょうか。本記事を読んでいる皆様は、既に医療法人化を辞めようと考えているのではないでしょうか。でもそれは節税のために医療法人化を行う必要が、現時点においてあるのかということを今一度問いかけてみる良い機会かと思います。   【医療法人の落とし穴】 <剰余金の配当> 医療法人は「剰余金の […]

  • 2023年10月11日

【医療法人化のシミュレーション 第4回】 ~医療法人とMS法人~

皆様こんにちは。JGA税理士法人/税理士の片瀬と申します。   今まで「医療法人化のシミュレーション」を3回ほど執筆しましたが、いかがでしたでしょうか。本記事を読んでいる皆様は、医療法人化をキャッシュフローの減少によって後悔しているドクターが多いという現状を知ったうえで、この第4回の内容に辿りついているものと思います。   そのため、今回のシミュレーションはより具体的な内容に入 […]

  • 2023年10月11日

【医療法人化のシミュレーション 第3回】 ~個人事業時の借入金~

皆様こんにちは。JGA税理士法人/税理士の片瀬と申します。   医療法人化の失敗ケースは「キャッシュフロー」による失敗です。典型的な失敗例はこれにつきますが、やってしまっている一番のパターンは「個人事業時の借入金」が法人化後にも個人に残ってしまうことに他なりません。もはや借入金さえクリアすれば失敗はないのではないかというくらいには重要です。   1,000万円の役員報酬があって […]

  • 2023年10月11日

【医療法人化のシミュレーション 第2回】 ~キャッシュフロー~

皆様こんにちは。JGA税理士法人/税理士の片瀬と申します。   前回の記事「医療法人化シミュレーション~節税効果~」についてはいかがでしたでしょうか。課税所得が1,000万円を超えるころから法人にすると税額は安くなる想定になりますが、税額が安くなるというだけで「医療法人化」を行ってはいけません。   医療法人化を検討するにあたり最も重要なものは「キャッシュフロー」です。 &nb […]

  • 2023年10月11日

【医療法人化のシミュレーション 第1回】 ~節税効果~

皆様こんにちは。JGA税理士法人/税理士の片瀬と申します。   今回から「医療法人化のシミュレーション」についてシリーズでコラムを執筆します。第一回目の今回は~節税効果について~考えてみることにします。   もちろん医療法人化をするメリットは「対外的な信用力の向上」や「事業承継のしやすさ」、「資金繰り改善」、「事業拡大」、「事務負担の軽減」など様々なメリットがありますが、やはり […]

 

コラム

   
   
CATEGORY

コラム

  • 2023年10月12日

TNMM【用語辞書】

TNMM(Transactional Net Margin Method/ティーエヌエムエム/取引単位営業利益法)は、移転価格の評価に用いられる一つの方法です。TNMMは、関連会社間の取引における営業利益率を基準にして適正な移転価格を評価する手法です。   TNMMでは、関連会社間の取引によって生じる営業利益率を評価し、外部の非関連企業の営業利益率と比較します。具体的には以下の手順でTN […]

  • 2023年10月12日

RP法【用語辞書】

移転価格のRP法(Resale Price method/再販売価格基準法)は、関連会社間の取引価格を決定するための移転価格手法の一つです。RP法は、特に販売業者が製品を購入して転売する場合に適用されることが多い手法です。   RP法では、販売業者が関連会社から製品を購入する価格を基準として、その製品を非関連の第三者に転売する場合の利益率を考慮して移転価格を算定します。具体的には、以下の […]

  • 2023年10月12日

CP法【用語辞書】

CP法(Cost Plus法/原価基準法)は、移転価格の算定方法の一つであり、特に商品の販売(粗利を基準に比較する場合)においてよく使用される方法です。CP法では、関連会社間の取引価格を決定する際に、製品の製造やサービスの提供にかかったコストに一定の利益率を加えた価格を基準としています。   具体的には、製品を製造するためのコストに、一定の利益率を加えて売却価格を決定します。この利益率は […]

  • 2023年10月12日

CUP法【用語辞書】

CUP法(Comparable Uncontrolled Price method/カップほう/独立価格比準法)は、移転価格の算定方法の一つであり、特に商品の販売においてよく使用される方法です。CUP法では、関連会社間の取引価格を決定する際に、他の独立した企業間で同様の商品やサービスが取引された価格(Uncontrolled Price)を参考にします。   具体的には、関連会社間の取引 […]

  • 2023年10月12日

独立企業原則【用語辞書】

独立企業原則(Arm’s Length Principle)は、移転価格において重要な概念であり、関連会社間の取引において価格や条件を設定する際の原則です。この原則は、関連会社間の取引において公正な価格を確保し、税制上の不正な利益移転を防止することを目的としています。   関連会社間の取引では、通常の市場価格とは異なる価格や条件が設定される可能性があります。親会社が定める任意 […]

  • 2023年10月11日

【医療法人化のシミュレーション 第5回】 ~なぜ医療法人でなければならないのか~

皆様こんにちは。JGA税理士法人/税理士の片瀬と申します。   医療法人化シミュレーションどうでしょうか。本記事を読んでいる皆様は、既に医療法人化を辞めようと考えているのではないでしょうか。でもそれは節税のために医療法人化を行う必要が、現時点においてあるのかということを今一度問いかけてみる良い機会かと思います。   【医療法人の落とし穴】 <剰余金の配当> 医療法人は「剰余金の […]

  • 2023年10月11日

【医療法人化のシミュレーション 第4回】 ~医療法人とMS法人~

皆様こんにちは。JGA税理士法人/税理士の片瀬と申します。   今まで「医療法人化のシミュレーション」を3回ほど執筆しましたが、いかがでしたでしょうか。本記事を読んでいる皆様は、医療法人化をキャッシュフローの減少によって後悔しているドクターが多いという現状を知ったうえで、この第4回の内容に辿りついているものと思います。   そのため、今回のシミュレーションはより具体的な内容に入 […]

  • 2023年10月11日

【医療法人化のシミュレーション 第3回】 ~個人事業時の借入金~

皆様こんにちは。JGA税理士法人/税理士の片瀬と申します。   医療法人化の失敗ケースは「キャッシュフロー」による失敗です。典型的な失敗例はこれにつきますが、やってしまっている一番のパターンは「個人事業時の借入金」が法人化後にも個人に残ってしまうことに他なりません。もはや借入金さえクリアすれば失敗はないのではないかというくらいには重要です。   1,000万円の役員報酬があって […]

  • 2023年10月11日

【医療法人化のシミュレーション 第2回】 ~キャッシュフロー~

皆様こんにちは。JGA税理士法人/税理士の片瀬と申します。   前回の記事「医療法人化シミュレーション~節税効果~」についてはいかがでしたでしょうか。課税所得が1,000万円を超えるころから法人にすると税額は安くなる想定になりますが、税額が安くなるというだけで「医療法人化」を行ってはいけません。   医療法人化を検討するにあたり最も重要なものは「キャッシュフロー」です。 &nb […]

  • 2023年10月11日

【医療法人化のシミュレーション 第1回】 ~節税効果~

皆様こんにちは。JGA税理士法人/税理士の片瀬と申します。   今回から「医療法人化のシミュレーション」についてシリーズでコラムを執筆します。第一回目の今回は~節税効果について~考えてみることにします。   もちろん医療法人化をするメリットは「対外的な信用力の向上」や「事業承継のしやすさ」、「資金繰り改善」、「事業拡大」、「事務負担の軽減」など様々なメリットがありますが、やはり […]